全体図

South Hill A – B ドローン&キャンプ

サウスヒル A区画 約9,600㎡ サイト(ドローン&キャンプ)

45万坪の敷地の中で最も広い占有空間を提供します。牧草地と北に広がる山岳斜面の飛行ができます。キャンプベースは牧草地入口に設置されています。給水場所・トイレから遠いのが難点ですが、飛行空間・面積とも御宿ドローン&キャンプのプライムロケーションとなっています。

サウスヒル B区画 約2,300㎡(ドローン&キャンプ)

北側に広がる斜面の飛行空間とヒルトップのキャンプベースになります。御宿の素晴らしい自然と田園風景を望むことができる絶好の空撮ポイントになります。キャンプエリアは約48mx14mの670㎡になります。

ヒルトップベース C・C2・C3区画 

C 南側斜面のトップのベースで牧場厩舎全景・南に広がる山里を望む絶好のポイントです。

C2 巨大なガレージがある丘の上のプライベート感のあるサイトです。

C3  C・C2の間にあります。車両はC2ルートで入り口まで乗り入れ可能

ノースヒル 全8区画(E・F・G・H・I・J・K・M)キャンプ専用区画

ノースヒルはゲート奥に広がるなだらかな斜面です。桜の並木もあり春には花見も楽しめます。キャンプベースとしては給水場所・トイレにも近いため便利なロケーションになります。(Kは土サイトで整地されています・写真は整地前)

E区画 約3,800㎡ (キャンプ専用区画)

F区画 約2,700㎡ (キャンプ専用区画)

G区画 約1,800㎡ (キャンプ専用区画)

H区画 約2,300㎡ (キャンプ専用区画)

H区画全景

I区画 約333㎡ (キャンプ専用区画)

J区画 (約200㎡)

I区画の先にある木々で囲まれたこじんまりとした区画です。

Kサイト 約2,000㎡

ゲート左側に広がる旧鶏舎跡地のキャンプ場です。竹林側のブロック約1,000㎡2区画 ヒルブロック(山側)約1,080㎡2区画の合計4区画になります。

L区画 ソロ推奨

田園風景を望むフラットな区画です。ソロ・デュオ向け2組限定のフリーサイトです。

M区画 約1,500㎡

J区画の先にあるフラットな区画です。ゲートまで約260mあります。農園別荘に隣接しています。サイトからは隣の牧場の放牧風景を見ることができます。

N区画 ソロ・デュオ推奨

小川沿いの区画です。通路は場内通路でこの先にサイトはありませんので利用者以外の通行はありません。(作業車除く)

CowHouse Site(カウ・ハウス 元牛舎)

雨天でもキャンプができる全天候型のキャンプサイトです。牛舎は天井も高く鉄製の柱もあるため、焚き火やハンモックも楽しめます。自動車は牛舎内に駐車できますので車中泊との組み合わせでも楽しめます。

SOKO(元倉庫)区画

ドローン飛行場・デイ利用 共用エリア

一日利用のドローン飛行場共有エリアです。写真のアスファルト部分の上空。日の出から日没時刻までのご利用が可能です。
<ドローン共用施設利用料> ※1人・1日あたり マップでの共用エリア内
一人 (大人・子供小学生以上・午前9時から日没までのデイユース) 1,000円(駐車料金を含む) キャンプ場利用者は無料

入場に当たり事前登録が必要になります。こちらより予約をお願いします。また、入場はゲートのQRボードよりチェックインをお願いします。共用エリアの定員(屋内・屋外)が12名のため、グループやイベントでの利用で定員を超える場合は別途連絡をお願いします。
共用エリアで飛行可能なドローンは機体重量が200グラム以下のドローンです。200グラムを超えるドローンの利用、企業でのご利用に際してはAB区画貸し切り(もしくは全区画貸し切り)で飛行が可能になりますので問い合わせページよりお問い合わせください。

ヒルトップ インドアドローン飛行場

7m x 50mの屋内ドローン飛行場です。屋内ですがGPS信号が受信できるので、ドローン技術向上の各種練習にも使えます。

ゲートエリア 洗場・給水場所・トイレ

洗場・給水場所

シンク・洗面台・外水道 (水道は御宿町営水道・飲用可)

トイレ奥にも洗場・給水場所があります

ゲートエリア 水洗トイレ 5基 洋式3基 男子2基

場内マップ・ダウンロード